ごめん避け 逆転

ごめん避けから、逆転させる方法

皆さんは「ごめん避け」という言葉をご存知でしょうか。
ごめん避けとは、「ある異性から好意をもたれていると感じるが、申し訳ないけど愛を告白されたくない」と思い、避けることを言います。
たとえば、この状態の男性があなたを避けていたとすれば、この男性はあなたのことをどう思っているのでしょうか。

スポンサーリンク

答えは「異性としてなんとも思っていない」です。
特段嫌いというわけではないが、恋愛対象ではないという状態です。
その上で、あなたの好意には気付いており、お互いに傷つかないように避けてしまうのです。
この現象は、職場など毎日顔を合わせる環境にある男女起こりがちです。
職場という場所で気まずくなり、業務に差支えがでることを恐れているのです。
しかし好意を持っている方からすれば、このままの状態では相手との仲が進展せず、かといって嫌われているわけでもないのに、簡単に諦めることもできず、辛い日々が続きます。
この状況を逆転させるにはどうしたらいいのでしょうか。
答えは「いったん相手に興味がないと思わせる」です。
こちらからの好意がないと思えば、ごめん避けもおさまり、相手と接する機会は増えるでしょう。

スポンサーリンク

そうして、こちらの良いところをさりげなくアピールするのです。
あくまでもさりげないアピールが大切で、こちらが好意をもっていることを男性に気付かれるとまた避けられる日々が戻ってきてしまいます。
職場ならアピールするチャンスは沢山あるはずです。
人は追いかけると逃げてしまい、逃げられるとおいかけたくなるものです。
今まで自分に好意をもっていたと思っていたが、実は気のせいだったのかもと思うと、急にあなたのことが惜しくなるでしょう。
その上で、あなたの長所を見せれば今までの反動で、あなたのことが気になってしょうがなくなります。
あとは残業などで2人きりになるなど、男性から告白しやすいシチュエーションを作るだけです。
恋愛は惚れたほうが負けという言葉もあるくらいです。

スポンサーリンク

 

 

もしも、大切な恋人とお別れになってしまったときは…

 

ずっと付き合ってきた大切な恋人。

 

2人ならいつまでも一緒だと思い、
別れることなんて想像すらしていなかったのに、
だんだんと連絡がつきにくくなって、残念ながらお別れになってしまうこともあります。

 

でも、そのまま離ればなれなんて、いくらなんでも悲しすぎますよね…

 

これまでたくさんの時間をともに過ごしてきた最も大切なパートナーですから、
これからも一緒にいたいと感じるのは当然のことです。

 

とはいえ、一般的には復縁はハードルが高いといわれています。
もう一度、一緒に幸せな時間を過ごすためには、
復縁の方法を学んでおくことが重要です。

 

以前の私は焦って行動してしまい、結局復縁することはできませんでした。
冷静になって、復縁するためのポイントを押さえておけばよかったと思います。

 

復縁する方法についてまとめられた資料もありますので、よろしければ参考になさってくださいね。